Human ヒューマンアカデミー

メニュー

修了生メッセージ

ラ・クラリエール

渡邊 和さん

ウエディングプランナープロフェッショナルコース(旧ブライダルトータルプロデュース講座)修了

学んだきっかけは?

就職活動の際、それまでのサービス業でのアルバイト経験から、ブライダル業界が向いているのでは、と考えるようになった私。どうすればその世界への扉を開けるのかと調べる中、私が決断したのはヒューマンアカデミーでのダブルスクールでした。自分で選んだ夢だから、親の支援をあてにせず、自ら教育ローンを組んで学んだ1年間は、セルフコントロール力を高める意味でも、良い経験だったと思います。

プランナーとして心がけていることは?

入社2年目となり、お打ち合わせから当日のお式まで手掛けられるようになった今、私が常に心がけているのは「お客様の本音をいかに引き出すか」ということ。ご相談にいらっしゃるお客様は、みなさんある程度のイメージを抱いていますが、実際に会場を見学し、こちらからの提案なども交えて深く話し合っていくうちに、「実は…」という想いが溢れだす瞬間があるのです。お式の後、お客様に「これこそが、私たちが本当に挙げたかったウエディング!」と心からの喜びを感じていただけるよう、ヒアリング力を鍛え、既成概念にとらわれないご提案ができるウエディングプランナーをめざして、日々修業中です。

心に残るウエディングエピソードを教えて下さい。

このペンは、初めてお式を担当した記念に、先輩から贈られたものです。挙式終了後、「ドレス室に行って」と言われ、向かったらそこには「○○へ」という次の指示が。あちこち回って最後に辿りついたのは、当日会場となったパーティー会場でした。ドアを開けたら流れだしたのは、いつ撮ったのか、準備中の私の姿やお式を挙げたおふたりからのメッセージを編集したスペシャルビデオ。床には大きな宝箱が置かれ、中から出てきたのがこのペンでした。最後には全スタッフが飛び出してきて、私の初担当記念を祝ってくれました。日々の業務の大変さを知っているだけに、私のために準備してくれたサプライズに、涙が止まりませんでした。

Profile渡邊 和さん

大学在学中にダブルスクールとしてウエディングプランナープロフェッショナルコース(旧トータルプロデュース講座)を受講。2010年、新卒で株式会社C・B・Hに入社(ラ・クラリエールへ配属) 。緑豊かなロケーションをいかし、自由度の高いウエディングを提案し続けている。

修了生メッセージ一覧に戻る