Human ヒューマンアカデミー

メニュー

Webプログラマーの年収・給料はどれくらい

未経験であっても就職できるチャンスがかなり豊富にありますが、Webプログラマーとしての基礎がある人である必要があります。

まず、新卒や未経験でWebプログラマーについた場合の年収・給料を見ていきます。 WebプログラマーはアプリをはじめとしたWeb業界の勢いに連動をし、未経験であっても就職できるチャンスがかなり豊富にあります。 ただし、多くの求人情報を見てみると、実務は未経験であっても、独学や学校を利用して学んだ経験のある人を求めていたり、 JavaScriptは詳しいもののPHPの実務経験がないという人を求めていたりと、ある程度、Webプログラマーとしての基礎がある人である必要があります。


新卒や未経験の正社員の場合、年収を考えると320万円~352万円といったところが相場のようです。

新卒や未経験の正社員の場合、月の給料が20万円~22万円という幅に多くの求人が集まっていました。 仮に残業がゼロでボーナスが年間2回2カ月分ずつ付与されるという前提で年収を考えると320万円~352万円といったところが相場のようです。 ただし、Webプログラマーは残業が多い職業のひとつとされていますので、残業代を含めた年収として再考してみると400万円前後まで上がりそうです。


次に、アルバイトとしてWebプログラマーの仕事を望んでいる人達はどのくらいの時給をもらっているのでしょうか。 多くの求人情報を見てみたところ、時給1,500円前後を提示している会社が多く見受けられました。 仮に時給1,500円で8時間勤務を20営業日することを前提とすると月の給料は24万円と、新卒や未経験で正社員として入社をするWebプログラマーと収入上の差はあまりないように見えます。

なお、アルバイトのWebプログラマーであっても残業は発生しやすいとされていますが、正社員ほど長時間に渡って残業をしなければならないケースは少ないようです。 その分、収入面では正社員のWebプログラマーよりは20万円~40万円ほど年収ベースで少なくなりそうです。


それでは、中途採用で入社をするWebプログラマーの年収・給料はどのくらいでしょうか。 こちらも求人情報からリサーチをしてみます。その結果、得られる年収・給料にかなり幅があることがわかりました。

例えば、PCやスマートフォン向けにオンラインゲームを提供している企業で募集をしているサーバー側のWebプログラマーの場合、 月の給料が30万円~60万円と、その差が2倍近くになっているケースが散見されました。


資格取得を年収アップ・給料アップのきっかけにしてみましょう。

この給料の差はどこから生じるのでしょうか。色々と調べていくと、 Webプログラマーが転職をした際に即戦力として求められる能力に共通点がありました。 例えば、ソーシャルゲーム業界であれば開発経験や運用経験があることが求められていますし、 使用言語としてはPHPやJavaなどで開発経験がある人が、月の給料が高めになる傾向にあるようです。

実務経験に乏しいということであれば、資格を取得するという方法もあります。 PHPであればPHP技術者認定試験 が、JavaであればJavaプログラミング能力認定試験やオラクルのJavaSE7認定資格などがあります。

実務経験がないからと今の年収・給料でいるのではなく、資格取得を年収アップ・給料アップのきっかけにしてみましょう。


コラム一覧へ戻る