Human ヒューマンアカデミー

メニュー

Webプログラマーになるには

プログラマーになりたいと志す人は非常に多く、人気の職種となっています。

 インターネットが当たり前の時代において、様々なWebサービスが毎日のように生まれています。 こうした中、Webシステムの構築を担うWebプログラマーになりたいと志す人は非常に多く、人気の職種となっています。

WebプログラマーはWebページが正常と動作し、サービスがちゃんと提供されるようするようなプログラムを開発することが仕事です。 必要となる知識は幅が広く、Web構築のための言語や、 サーバ側のデータベースを扱うために大量のアクセスや処理に備えた負荷を分散するための知識やセキュリティについてのスキルも必要になります。


では、Webプログラマーになるにはどんなスキルが必要になるのでしょうか?また、独学でもWebプログラマーになることは可能なのでしょうか?

 Webプログラマーは非常に人気の職種ですが、同時に求人も非常に多いです。 中には未経験者でもOKといった求人も見かけます。Webプログラマーとして働くだけであれば、必須の資格はありません。
ただし、いくら未経験者がOKという企業であっても、全くの無知の状態からWebプログラマーの世界に飛び込むのはやめた方が良いでしょう。
自分自身にWebプログラマーとしてやっていけるだけの能力や素質があるのかも分かっていない状態で挑戦するには中々に厳しい業界です。

LinuxやWebサーバ、またはPerlやPHP等の実行環境などのインストールを一通り経験してみましょう。 WebサーバやPHP等をインストールして、ソースコードをダウンロードして構築可能なところまで一人でできるようであれば、 全くの未経験でもOKな会社であれば十分なアピールポイントとなると思います。


Webプログラマーをそのまま名乗れる資格はありませんが、関連する資格としては以下が挙げられます。

  • PHP技術者認定試験
  • Oracleマスター
  • Oracle認定Java試験
  • Webクリエイター能力認定試験
  • それぞれ問われる知識も異なりますので、自分に合ったものを選び挑戦してみましょう。


    Webプログラミングは、応用がききやすい分野であると言えます。

     今では独学する上では非常に良い時代になっていると言われています。 Web上に情報がいくらでも溢れており、自分ひとりでも試行錯誤が可能です。 Webプログラミングは、テキストデータの処理が基本です。 そのため、一度でもプログラミング処理の流れや考え方について触れて身に付けてしまえば、応用がききやすい分野であると言えます。


    とはいえ、Webプログラマーに求められる知識は非常に幅が広く、 体系的に身に付けたい場合はやはりスクールに通うのが効率的であると言えます。 就職してしまい、OJTというかたちでプログラミングの知識・スキルを身に付けるというのも手ですが、 就職した会社や担当する案件によって使うスキルが偏る場合もあります。
    Webプログラマーは手に職をつけられる職業ではありますが、他社にいっても通用するような人材になるためには、 幅広くスキルを身に付ける必要があります。
    スクールであれば学習環境も準備してくれ、何を学べば良いのかを教えてくれるのと同時に、最新のトレンドをつかむ上でも有用でしょう。


    コラム一覧へ戻る