Human ヒューマンアカデミー

メニュー

Webプロデューサーの転職事情

Webディレクターという仕事では様々な業種・会社での経験がある場合、貴重で頼もしい存在と言えるでしょう

 一昔前までは、「同じ会社にどれだけ長く勤務していたか」は重要なポイントでした。 しかし現在、特にWeb業界において会社の勤続年数は重要ではありません。 Webディレクターという仕事では、積極的に転職者を受け入れる傾向にあり、 どの企業も豊富な経験者を欲しているのです。 様々な業種・会社での経験がある場合、Webディレクターとしてはむしろ貴重で頼もしい存在と言えるでしょう。 当然、すぐにトラブルを起こす、成績を伸ばせず転職を繰り返すという場合は別です。
 Webプロデューサー募集では、待遇もそれなりに高額な求人が目立ちます。 責任ある立場を任せられる人材になら、多額の報酬を出しても構わないという姿勢がみられます。 Webプロデューサーは大きな期待を寄せられているのです。


 大手会社の求人も多数あります。 優秀な人材であれば、常時募集という会社もあり、Webプロデューサーという人材は不足気味のようです。 ただし、かなりの実力者でないと採用はしてもらえません。審査は厳しいと考えてよいでしょう。
完全に実力主義の世界ですから、広範囲な実務経験が求められ、しっかりとした能力がなければ転職は難しくなります。 大手広告代理店、マスコミ、コンサル系会社など異業種の出身も歓迎されます。


年齢に関係なく、即戦力となる人を求める傾向が強まっています。

 最近では、現場にまとめ役のいない会社が少なくないようです。 Webのデザイナーやプログラマーはおり技術面では問題なくとも、それを取りまとめるリーダーがいません。 ですから年齢に関係なく、即戦力となる人を求める傾向が強まっています。

まずは自分に何ができるか、その能力がどう役立つか、などを整理してみましょう。 細かいスキルや実績、具体的な数字を挙げていきます。 これらをまとめているうちに、自分の意志がはっきりとしてくるはずです。
書き出したものを元に自分が何をやりたいかを考え、どんな業種に就きたいかを絞りましょう。 自分のアピールポイントや希望が明確になれば、その条件にあった会社を探しやすくなります。

 具体的な求人の探し方としては、やはり「インターネット」の検索サービスを利用するのが一番でしょう。 とにかく求人は多数。未公開のものもしっかりチェックしたいですね。
Web系に特化した求人サイト、転職の専門サイトなどたくさんの種類がありますから、 サイト内で気になるワードを入れて検索をかけてみましょう。 特定の分野の更新があれば、メールで教えてくれるサービスなども活用してください。 妥協せず、自分にぴったりの条件となるものを探しましょう。職種によって仕事内容は違います。 実際の業務が思い描いていたものと違う、ということのないように、しっかりと検討する必要があります。


 Webプロデューサーとして活躍するには、転職の他に独立する、フリーランスとして活躍するという道もあります。

 Webプロデューサーは人をまとめ、使う立場です。 Webのデザイナーやプログラマーは、比較的フリーでも仕事がたくさん舞い込みます。 しかしWebプロデューサーは、よほどの信頼や実績がないと急に仕事はもらえません。 フリーになった場合、どうやって信頼関係を結ぶかはとても重要になってきます。 また、案件獲得のための営業も必要になります。
 最初のうちは特に大変ですが、報酬が増えるも減るも自分次第となります。 逆に、実績があれば大きな仕事を取ることもできるでしょう。 クライアントとしては企業に頼むよりも安く済み、融通が利きやすいという点で重宝してくれます。 また仕事を受ける側としても、希望の報酬を掲示できるというメリットがあります。 会社に所属するよりも制約が少なく、仕事を自分で選ぶことができ、専門分野を作りやすくなります。


独立・企業という道もあります。独立するためには、様々な下準備があります。独立・企業のノウハウを学ぶことも大切です。

 フリーランスよりも覚悟が必要ですが、独立・企業という道もあります。 独立するためには、様々な下準備があります。 独立・企業のノウハウを学ぶことも大切です。 実績を積み、人脈作りをしてチャンスを伺ってみましょう。
全体を見渡す総合力に長けたWebプロデューサーなら、社長としてもうまく立ち回ることができるはずです。


コラム一覧へ戻る