Human ヒューマンアカデミー

メニュー

Webプロデューサーの就職先ってどんな所

企業が求めている人材は不足傾向にあります。では、どんな人が、どのような会社で必要とされているのでしょうか。

 どの会社でもWebの存在は「無視できない」という時代の流れになっています。 Webをどのように事業に取り入れていくかを模索している会社は多く、自社にWeb部門を設ける会社も少なくありません。 こうした状況を考えると、Webプロデューサーのニーズは増えていると言えるでしょう。
しかし、企業が求めている人材は不足傾向にあります。 では、どんな人が、どのような会社で必要とされているのでしょうか。


 Webプロデューサーという肩書・職業には明確な定義がないため、職種によって仕事内容が変わります。 ここでは、Webプロデューサーを求めている業種と、その仕事を紹介します。


Webコンサルティング会社
 Webコンサルティング会社でのWebプロデューサーの役割は、 依頼を受けたクライアントと折衝し、予算内で何をどれだけできるか考えることです。 企画提案からプロジェクトの進行、プロジェクト終了後のフォローなども業務に含まれます。 それに伴い、プロジェクトチームの人材確保、スケジュール管理などまとめ役となる他、 現場とクライアントとの間をスムーズに取り持つ役目も持っています。 プロジェクト推進のためのリーダーとして、責任ある立場に立たされるのです。

インターネット系広告代理店
 仕事内容はWebコンサルティング会社とあまり変わりありません。 異なるのは、扱う案件にキャンペーンや商品プロモーションなどが多い点と言えるでしょう。 Webコンサルティング会社に比べ単発的な仕事を多く扱います。 そのため、より奇抜なアイデアが求められたり、短期に形にできる能力が必要だったりするケースが目立ちます。

Web制作会社・Webプロダクション
 Webページの作成を担うWeb制作会社では、WebプロデューサーがWebディレクターを兼任するケースが多くなっています。 特に小規模な会社でその傾向が強いようです。 ここでの仕事では、営業的な側面よりも、制作のクオリティ管理や進行管理を求められるケースが多いようです。

メーカー
 メーカーで募集しているWebプロデューサーとは、自社のWeb業務を総合して行う人を指す場合が多くなります。 自社サイトの管理や運営全般をこなすWebマスターを意味している場合もあり、サイト運営に関する実践的なスキルが必要不可欠です。 WebデザインやWebプログラムの知識が豊富にないと、難しいポジションとなるでしょう。

 会社によって求められる能力が変わりますから、Webプロデューサーとして就職する方法はたくさんあり、決まった道は存在しません。
どういったキャリアを重ねるか、何を勉強して就職に臨むか、選択肢はたくさんあります。 逆に近道や正攻法はないとも言えるでしょう。 Webプロデューサーという職業は歴史が浅く、仕事内容もモデルケースも確立していないのです。 そんな中で、ここではほんの一例をご紹介してみます。


学生の場合
 最初からWebプロデューサーとして就職することはまずありません。将来的にWebプロデューサーになるためには、
  • 専門学校で学ぶ
  • WebデザイナーやWebプログラマとして就職する
  • Webディレクターとして就職する
  • 異業種でも企画や営業ができる部署に就職する
  • などの方法があります。 未経験歓迎、ヤル気のある方求むなど、Web業界の求人はたくさんありますので、まずは何かにチャレンジしてみましょう。 その上で、自分が目指したい職業を決めていくことをお勧めします。

    学生以外の場合
     あなたが社会人である場合、今の職業によって就職方法は変わります。 Web業界にいるのなら、実績を作ることが有利です。 Webの知識をアップする、コミュニケーション能力や 企画・提案力、マネージメント力など実務に必要なスキルをアップする。 それを証明できる根拠を作るよう心がけましょう。 異業種の場合は、事業立ち上げや広告宣伝、企画などの実績を積み重ねると、 Webプロデューサーとして受け入れる会社が多くなります。
    「一時現場を退いたが、復帰したい」という人も歓迎する会社は多いです。 ただし長いブランクがある場合は、現在のWeb動向をしっかり把握しておくことが重要です。

     この職業には総合力が必要と言われています。
    どんな道を辿るにせよ、Webプロデューサーとして強みになるような経験を積極的に積みかさねていくことが大切になるでしょう。


    コラム一覧へ戻る