Human ヒューマンアカデミー

メニュー

Webプロデューサーの資格とは

Webプロデューサーとは、サイト制作の総責任者のこと。

 Webプロデューサーという言葉はよく耳にするけれど、実際は何をるする人なのでしょうか。 Web業界で働く人でさえ、曖昧なイメージの人は少なくありません。
Webプロデューサーとは、サイト制作の総責任者のこと。 プロジェクトを管理し、まとめ上げていく総合力の必要な仕事です。 プロジェクトの企画・提案に始まり、クライアントとの予算や料金交渉、必要な人員の確保と配置、スケジュール管理など業務は様々。 実際にWebサイトの製作に関わるよりも、営業的な側面やまとめ、進行など総括的な仕事が多くなります。 また、サイト制作後のアフターフォローなども重要な仕事。リーダーとしてチームをまとめ、プロジェクトを成功へ導く役割を担っている、とても責任あるポジションなのです。


「これがあればWebプロデューサーになれる」という資格はありません。
Webプロデューサーに必要なスキルは、


  • コミュニケーション能力
  • マーケティング力
  • プレゼンテーションスキル
  • 企画・演出力
  • 情報収集、分析力
  • 課題解決力
  • マネジメント力
  • などなど、様々です。
    プロジェクトの長となる立場ですから、上記に加えて


  • Webに関する知識がたくさんある
  • 何かしらのリーダーとして活躍した実績がある
  • 人をまとめ、引っ張る能力と責任感がある
  • という人でなければ務まりません。
    いずれにせよ、社会経験がなく、Web業界の経験も全く無い状態から、 突然Webプロデューサーになるということは、まず難しいでしょう。 Webディレクターとして経験を積み、プロデューサーとなるのが一般的です。 ただ、異業種でも営業能力やプレゼンスキルの高さ、企画プロデュース経験などがあれば採用されるケースもあります。 Webサイト制作に関する知識は必要ですが、それ以上にプロジェクトを最後まで推進していくだけの総合的な能力が問われます。


    リーダーとして、いろいろな能力が必要とされるWebプロデューサーですが、やはりWebに関する知識は必要不可欠です。 ここでは、Webプロデューサーになるために、持っておくとためになる資格をご紹介しましょう。


    Web検定・Webプロデューサー
     名前に「Webプロデューサー」と冠された唯一の資格です。 ビジネスプロデュースや事業計画など、制作サイドでなく、 経営側に立ったWebプロデューサーに必要な知識を持っている証明となります。 技術に関連する能力ではなく、企画力やプロデュース能力、ビジネスの環境、 ビジネスモデル、マーケティングと集客、そしてサイト設計などが試験内容に含まれています。

    Webクリエイター能力認定試験
     Webサイト制作のデザイン能力とWebページのコーディング能力を認定するもので、初級と上級があります。 Webプロデューサーとして活躍する際、クライアントと話し合いをする上でも、制作現場をまとめる意味でも、デザインに関する知識は重要になります。

     次は、Webマーケティングの知識が得られる資格をご紹介します。 Webプロデューサーは、プロジェクト結果を「数字」で求められるケースが多くあります。 数値を分析するツールはたくさんありますが、それらを使って現状や課題を把握することが重要になります。 売上アップ、ブランディング、業務の効率化など、数値から様々な情報を読み取り、Web戦略を立てるために必要不可欠な知識がWebマーケティングです。


    ウェブ解析士
     アクセス解析などのウェブ解析データを活用し成果を出す仕事をする人がウェブ解析士で、その知識の証明となります。 この資格を取れば、様々な解析ツールを利用して、数値の表わす意味を理解できるようになります。 今後の方針を決める、課題を探すなどの際に役立ちます。レベルは初級、上級、マスターの3段階。

    ネットマーケティング検定
     ネットマーケティングの基本的な知識があることを証明します。 ビジネスの企画・立案に活用できるマーケティングサイドの検定です。

    希望する働き先や業種によって、強みとなる資格は変わってきます。自身が必要だと思う資格を探してみましょう。

     ここに挙げた資格は、ほんの1例です。 希望する働き先や業種によって、強みとなる資格は変わってきます。 自身が必要だと思う資格を探してみましょう。 苦手分野を勉強するために資格を取るもよし、得意分野を最大限にアピールするための資格取得もよいですね。


    コラム一覧へ戻る