Human ヒューマンアカデミー

メニュー

Webプロデューサーになるには

Webプロデューサーはプロジェクトの総責任者です。人間性やリーダーシップも問われます。

 Webプロデューサーはプロジェクトの総責任者です。 プロジェクトの運命を担う人間ですから、全く社会経験の無い人に務まる仕事ではありません。 実績と経験がものを言う実力社会なので、広範囲に渡る知識が求められるのは当然のこと、人間性やリーダーシップも問われます。
とはいえ人材は不足傾向にあり、一口にWebプロデューサーといっても、業務内容は職種や企業によって違っているのが現状。 会社によって求める能力は、営業系、技術系、デザイン系、企画系など様々です。
Webプロデューサーになるためには、「どんな企業」で「何の役割を果たす」Webプロデューサーになりたいのかを明確にしておきます。 その上でキャリア計画を立てるとよいでしょう。それでは、Webプロデューサーになるための具体的な方法の一例をご紹介します。


 WebプログラマーやWebデザイナーとして経験を積み、WebディレクターやWebプロデューサーとなるのが一般的。
専門性の高いプロダクトマネージャーを目指すなら、システムの設計や構築などの技術を磨き知識を高める、デザイン面のスキルを向上するなどしましょう。
プログラム関係が理解できていれば、工数の割り出しや機能面の可・不可を即時に判断可能です。 また、制作途中でシステム、クライアントのズレや認識の違いを即座に修正することができます。
Webデザイン関係を深く理解していれば、クライアントの何気ない要求の真意をすぐに汲み取り、どう反映させていくかを多方面から提案できるでしょう。 なにより、制作サイドの現状を瞬時に掴め、的確な指示が可能になります。 制作サイドも、現場をよくわかっている人がリーダーならば安心。高いクオリティの制作物を作り出せるでしょう。


Webプロデューサーに必要なスキルで、特に重要なのはコミュニケーション能力やマネジメント能力、企画力などです。

 Webプロデューサーに必要なスキルで、特に重要なのはコミュニケーション能力やマネジメント能力、企画力などです。 Web業界に限らず、商品開発や新規事業の立ち上げ、企画や宣伝広告に携わったことのある人は、 Webプロデューサーとして受け入れられやすくなっています。 Webでなくとも、プロジェクトを立ち上げから終了までこなしたことのある経験は大いに歓迎されます。
人事や営業などの経験もマネジメント力を鍛えられるでしょう。 企画やマーケティングのスキルを磨き、プランナーとしての実績を積んでゆくという方法もあります。


 広い範囲の知識が必要なWebプロデューサー。 専門学校や養成学校でWebについての知識を身に付けるという方法もあります。 専門家や現場で働くプロが教えてくれるので、実際に必要なスキルを効率的に学ぶことができるでしょう。 就職や転職、就職後のサポートなどをおこなうスクールもあります。 学校に通えば人脈が増える、モチベーションが上がるというメリットもあります。
しかし、社会人未経験の人が学校を出てすぐWebプロデューサーになるのは難しいでしょう。 学校で知識を身に付けた後は、実務経験は必須となります。


多くの人の上に立ち、人と関わりを持っていくのがWebプロデューサー。コミュニケーション能力はとても重要です。

 多くの人の上に立ち、人と関わりを持っていくのがWebプロデューサー。 コミュニケーション能力はとても重要です。 なにか問題が起こった時、信頼されているWebプロデューサーのお願いなら、「聞いてあげよう」と思われるか否か。 そういった人間関係に細心の気配りをしてコミュニケーションできる人は、この仕事に最適です。
また、プロジェクト進行には大小のトラブルがつきものです。 多少の事があってもうまく切り抜ける機転と柔軟さが必要なので、臨機応変に対応できる人が向いています。
そして、信念と責任感を持っている人。言うことがすぐに変わる人、熱意の感じられない人の言葉では誰も動きません。 人をまとめるには、思いが必要です。情熱を持ちながらも冷静に、チームを引っ張る統率力がある人にはぴったりですね。


 Webプロデューサーの仕事は、決して楽なものではありません。 様々なことが要求され、プロジェクトごとにやることも変わります。 Webプロデューサーを目指すなら、自分の強みを明確にして実績を積み重ねることがポイントなるでしょう。


コラム一覧へ戻る