Human ヒューマンアカデミー

メニュー

Webプロデューサーとは

Webプロデューサーはプロジェクトを成功へと導くまとめ役、総責任者です。

Webプロデューサーはプロジェクトを成功へと導くまとめ役、総責任者です。 クライアント、制作サイド、営業などプロジェクトに関わる全ての人のリーダーとして色々と調整をしながら、 プロジェクトを最後まで成し遂げなければなりません。 プロジェクトの行方や成功・失敗を左右する重要なポジションです。


それでは、実際のWebプロデューサーはどんな仕事をしているのか、詳しくご説明しましょう。


クライアントへのヒヤリング
 営業が案件獲得した後、まずはクライアントが何をしたいのかを聞き出します。 この時点では「とりあえず自社ホームページが欲しい」など内容が漠然としている場合も多くあります。 Webプロデューサーがクライアントの真意を汲み取り、Webを使って商品を売りたいのか、自社をアピールしたいのか、注目を集めたいのか等、 真のニーズを聞き出し、プロジェクトの目的をしっかりと決める必要があります。 クライアントの現状や、本当に求めていることを探り出す質問力と、じっくりと話を聞く能力が問われます。

企画立案
 ゴールにたどり着くためには、どんな方法がよいのかを考えます。 まずは誰に、何を、どうしてもらうためのサイトなのかを明確にします。 その後、効果的な見せ方や機能、ターゲットにあった戦略などを考えていきます。

要件定義
 要件定義とは、企画書をより詳しくしたようなものです。 クライアントの納得できる結果を得るため、サイトにどんな機能やシステムが必要なのかを考えます。 同時に予算と納期を照らし合わせ、実現可能なサイトの仕様を決定。 予算や時間的なことなども絡んでくるため、システムやプログラム制作担当者たちに確認を取りながらの作成となります。

提案
 固めた企画を提案します。 クライアントの要望に合わせた素晴らしいプロジェクトであることを説明できる、プレゼンテーション能力が問われるところ。 予算と時間、最近の動向やニーズなど、様々な面でクライアントが納得できる提案を出す必要があります。

制作メンバーのコーディネイト
 Webディレクター、Webプログラマー、Webデザイナー、ライターなどの手配と配置を行います。 サイトの特色に合わせ、適任の人を選びます。 メンバーそれぞれの得意分野や人間性、スキルやスピードなどを把握し、案件にあったコーディネイトをします。

進行管理
 いつからプロジェクトを始動し、いつまでにサイトを完成させるのか。 大まかな日程を決めます。それに間に合うように人を手配していきます。 途中トラブルがあった場合の調節も大切な業務です。 現場の進行管理はWebディレクターが行う場合がほとんどですが、 Webプロデューサーはより全体的なスケジュール管理を念頭に置き、プロジェクトを進行する役目があります。

制作途中のクライアントと現場との調整
 クライアントの要望と現場の声をとりまとめ、制作を進行していきます。 どちらの声にも耳を傾け、目指す方向がズレないように調整が必要です。 よくある事例としては、制作途中でクライアントから「色を変えたい」 「こんな機能が欲しい」などの要望がきた場合、それを制作に丸投げにしないということ。 予算や納期との兼ね合いを見て、代わりの案を出したり、クライアントの真の要求を見極めて制作に指示したりする必要があります。

作成サイトの運営チェック
 サイトの作成が終了しても、Webプロデューサーの仕事は終わりではありません。 サイト完成後、適切な運営ができているか、数字には反映されているかなどをチェックします。 その上でクライアントに指導したり、改善策を立てたり、新たな企画を出したりすることもあります。

上記に挙げた業務はほんの一部です。 営業系の会社であれば、広告やSEO関連の業務が生まれますし、 WebディレクターやWebプランナーと兼任するケースもあります。 プロジェクトの全てに関わり舵取りをするWebプロデューサーは、 常に新しい情報収集も必要で、人脈作りも大切。 責任重大、かなりハードですが、その分やりがいも大きな仕事と言えるでしょう。


コラム一覧へ戻る