Human ヒューマンアカデミー

メニュー

Webディレクターに必要なスキル・知識

Webディレクターには、品質チェックや期日管理をしっかりこなせる人が必要とされています。

 Webディレクターとは、Webを制作するために、制作に携わる様々な担当者をまとめ、 プロジェクト全体の進捗管理、品質管理を行う監督者のことを言います。 ディレクターは映画監督をイメージすると分かりやすいと思います。 ただし、Webディレクターが監督するのは映画ではなくWebです。 Webの制作のためには、全体の企画・プランニングから始まりデザインを担当するデザイナーや、 設計や開発を行うプログラマー、コーダーなど、多くの担当者が関係してきます。 こういった方たちをまとめ上げ、高い品質と期日管理をしっかりと完遂させるのがWebディレクターに求められる役割です。


 クライアントが要望するWebコンテンツを企画・デザインはもちろん全体の完成度にまで責任を負うWebディレクターですが、 彼らの活躍するフィールドは今後ますます広がりを見せています。 情報化が著しく発達した現代社会において、Webと無関係である会社はそう多くありませんし、 今後ますますWebを通じた顧客とのコミュニケーションの必要性は増していきます。 そうした中、Webディレクターが対峙するクライアントが属する業界は多岐に渡ります。


 気になるWebディレクターの年収ですが、平均で約470万円です。 年代別に見た場合、20代で約390万円、30代で約490万円、40代で約560万円といったところです。 ただし、これらはあくまで平均です。40代で900万円を超える方も多くいらっしゃいますし、 実力の世界ですので、自身の能力次第ではどんどん上を目指せる職業と言えます。
上流工程を担っているWebディレクターの年収はクリエイティブ系の職種の中でも最も高いと言われています。 SNSやソーシャルアプリなど旬な媒体に関わる機会も多く、今後も高い評価につながりやすいプロジェクトへのアサインも多く見込まれ、 ますます注目される職業であると言えるでしょう。


Webディレクターはチームメンバーに対し的確かつ適時の指示やアドバイスをしながら監督していかなければなりません。

 Webディレクターは総合力が重視される職業です。 プログラマーのようにプログラムに対する理解やWebデザイナーのようなデザイン力だけでは足りず、 クライアントやプロジェクトに参画している多くの関係者を巻き込んで仕事を進めるため、 ヒアリング力やコミュニケーション力、プレゼンテーション能力が求められ、 各専門とのコミュニケーション上もデザイン力やコンテンツ企画能力や課題発見・解決能力、期日までにまとめあげる全体の進捗管理能力が必要となってきます。 これら全てが突出しているというよりも、各分野の専門家たちの状況を逐一把握し、 チームメンバーに対し的確かつ適時の指示やアドバイスをしながら監督しなければならないので、バランス良くこれら全てについて理解・習得することが必要になります。 これら全ての能力を発揮することで、全体の品質をコミットすることが可能となります。



コラム一覧へ戻る