Human ヒューマンアカデミー

メニュー

Webディレクターになるには

アシスタントとしてアルバイトから採用されることも。Webディレクターには、その時に応じた技術や知識を絶えず勉強する向上心と忍耐力が必要です。

 Webディレクターになる方法は、募集のある会社に正社員、もしくは派遣で採用されるか、 アシスタントWebディレクターとしてアルバイトで採用されるか、という方法があります。
Webディレクターとして活用できる資格もありますが、資格が無いにしろ専門学校や通信講座、 あるいは独学でWebディレクターに必要な知識を勉強することが必要です。
しかしWebディレクターとして働く上では自分でプログラムを組んだり、サイトのデザインを構築したりすることはほとんどありません(その時置かれている状況にもよりますが)。 HTML・CSSHTML・CSSコーディングの知識はもちろん必要ですが、それは自分で業務の計画を立てる上で、 「この仕様にするにはどのくらい手間とコストがかかるのか」を概算できるようにするためのものです。 Webディレクターとして働く上で、知識は絶対的なものではありません。 そしてWebディレクターになってからも、寧ろ、なってからの方が、その時に応じた技術や知識を絶えず勉強して、吸収し続けねばなりません。


 Webディレクターは組織のちょうど真ん中に立つことになります。 クライアントからの要望を聞き、交渉し、現場の体制とスケジュールを整え、それに従って進行を管理します。 そこで求められるのは何より交渉力と提案力です。WebディレクターはWebサイトを立ち上げるのが大きな仕事ですが、 クライアントにとってはWebサイトを作ることが本当の目的ではありません。 Webサイトを通じて自社の利益を伸ばすことが目的です。 クライアントの目線に立ち、言われたことだけをするのではなく、最終目的に合わせてサイトのデザインや機能に積極的に提案し、改善することが求められます。 さらにそれに見合う予算とスケジュールをクライアントからもらい、スタッフであるプランナー、デザイナー、プログラマー、ライターに的確な指示を出さねばなりません。 出資元と制作現場、双方にとって最善の形を探るのがWebディレクターの大きな役割です。企画書や仕様書等の社用文章を上手く作成できるスキルも求められます。


 優秀なWebディレクターは自分でクライアントに様々な提案が出来ますし、信頼のおけるスタッフも確保できます。 こうなると会社で給料をもらって働くよりも、独立してフリーで働く方が儲けられることになります。 このときに重要なのは何より人脈です。よい人脈を構成する上で必要なのは経験しかありません。


Webディレクターという職を通じて、いろんな人と関わり経験を積むことがステップアップのコツです。

 経験を作る上で重要なのは、その業界にどんな形でもいいので留まり続けることです。 最初はアルバイトでも派遣でも、経験を積んでステップアップしていくことが出来ます。 特に派遣はプロジェクトごとに現場が変わり、関わるスタッフも変わってきます。 そこで出会った人々と良好な関係を築いていけば、別の現場や仕事の際にその関係を生かすことが出来ます。


Webディレクターは、自身を成長させるための職業でもあります。

 一言にWebディレクターと言っても、フリーか社員か、働く現場の規模や所属する組織によってその役割は変わってきます。 デザイナーやプランナー的なテクニカルな側面が求められることもあれば、プロデューサー的な交渉を外部としなければならないこともあるでしょう。 しかしいつでも自分と他者を客観的に判断し、どんな逆境やトラブルにも対処できる冷静さが求められる仕事です。 Webサイトの需要はあらゆる業界で高まり、その設立の窓口としてのWebディレクターの需要も上がっています。 自身のステップアップを望むなら、常にそれに挑戦できる魅力のある仕事でもあります。


コラム一覧へ戻る