Human ヒューマンアカデミー

メニュー

Webディレクターとは

Webディレクターはプロジェクトの進行管理や品質管理の他に、クライアントと制作の間に立ってプロジェクトの目的やゴールを正確に伝え、意図や真意を説明していかなければなりません。

 Webディレクターはプロジェクトの進行管理や品質管理を担当する人。 現場のスタッフをまとめ、適切な指示を出してプロジェクトを推進していく現場監督です。 また、制作者とクライアントの溝を埋める橋渡しの役目もあります。
Webディレクターと言っても、会社や業種によってその役割は異なり、 企画系、デザイン系、システム系、営業系と別けられます。共通している点は、 デザイナーやプログラマーのように、ひとつの作業をすればよいという立場ではないこと。 チーム全体を見渡して、様々な調整を行い進行するという役目があります。
 Webディレクターは、クライアントと制作の間に立ってプロジェクトの目的やゴールを正確に伝え、 意図や真意を自分なりに説明できなければなりません。 また、多数の案件を同時進行する場合も多いため、効率よく進める手腕が求められます。
プランニング業務を兼任することも多く、企画、取材、撮影などに関わることもしばしば。 Webプロデューサーの右腕として、現場を取り仕切るだけでなく、実際の作業を行うこともあります。 サイトの方向性や仕様を決定する、デザインやSEOについても携わるケースも見られ、Webプロデューサーと兼任することも多いようです。


Webディレクターとして進行管理と品質管理をするための具体的な業務を挙げてみましょう。


要件定義
 ヒアリングをして、サイト制作の目的やゴールを決定。 それにむけて、何をどうするかを決めます。 クライアントによっては漠然としている要望をわかりやすく、 具体的な言葉に突き詰めていくことで、 プロジェクトの方向性ややるべきことを明確にします。

サイト設計
 フレームワークやデザインラフを作ります。目的達成のために、どんな形のサイトにするかを考えます。 ここで言うデザインとは、見た目の事だけでなく、ユーザー視点に立って使いやすいか、見やすいか、 またはクライアントの要望が反映されるかなどの要素が入ってきます。

コンテンツ内容の企画
 大枠の決まったサイトの中身をどうするかを具体的に企画します。 サイトに合った特集、効果的な企画、集客を望める内容などを細かに決定していきます。

メンバーのマネジメント
 メンバーの人選、手配、配置をします。 Webデザイナー・プログラマー・コーダー・ライターなどをまとめて、制作を進める体制を整えます。 企画によってはカメラマンやモデル、撮影場所の手配なども必要です。

制作スケジュールの設計・管理
 納品までのフロー設計をします。進行表を作成し、納期までのスケジュールを詰めていきます。 また、制作中の進捗管理を行い、スケジュールを調整します。 それぞれの担当者によって、締め切りや発注時期を決定する仕事もあります。

クライアントとのやりとり
 制作側とクライアントとの窓口となります。 クライアントの要望を聞きながらも交渉し、要求をすべてうのみにせず、制作側との溝を埋める仕事です。 制作上の進捗報告や素材の受け渡し業務もあります。

サイト作成後のフォロー
 サイトは完成して終わりではなく、運用が大切です。 期待通りの効果が出ているのか検証し、正しい運営を行えているか確認する必要があります。 そして問題点や改善点を探ります。

 ここで紹介したWebディレクターの仕事は、ほんの一部に過ぎません。 先ほども書いたように、会社によって業務内容は変わってきます。 色々な人に気を配り、クライアントと製作スタッフの間に挟まれ業務を進めますから、簡単な仕事ではありません。 しかし、みんなで良い物を作ろうという熱意と、制作を楽しむ気持ち、 そして全体を見渡す冷静さがあれば、Webディレクターの仕事は務まるでしょう。 プロジェクトを終えた後の達成感は、大きく、やりがいのある仕事です。


コラム一覧へ戻る