Human ヒューマンアカデミー

メニュー

Webデザイナーの就職先ってどんな所

 Webデザイナーの就職先で一番多いのが、Webサイト制作会社、広告代理店、デザイン会社など、 Webサイトの制作をクライアントから請け負う会社です。 また、Webショップやネットゲームなど、インターネットで事業を展開するWebサービス会社や、 その他の一般企業など、Webサイトを構築する部門がある場合は、Webデザイナーの採用があります。 また、技術が高く、一定のクライアントを抱えたWebデザイナーは、フリーランスになることもあります。 それぞれの就職先のメリット・デメリットについて、ご紹介します。

いろいろな会社を転職していき、Webデザイナーとしてのスキルアップも測れます

Webサイト制作会社
 最近ではどの業界でも、インターネット広告を出したり、紙媒体の申込書をWebからの申し込みに切り替えたりなど、 インターネットを使った広告戦略やIT化による業務の効率化が進んでおり、Webサイトを制作する仕事の需要は高まっています。 そのため、Webサイト制作会社はとても増えていて、特に、スタッフが数人の小規模の会社が急増しています。 そのような会社は少ない人数で仕事を回そうとするため、デザイナーで採用されてもWebデザイン以外の仕事を任されたり、 納期がタイトで仕事がきつかったりなど、厳しい職場環境の場合も多いです。また、新しい会社は会社制度が整っていない場合もあり、 福利厚生などにはあまり期待できないでしょう。
 忙しい職場も多く体力的にはきついかもしれませんが、様々なWebサイト制作に携わるチャンスがあるので、多彩な経験を積むことが出来ます。 Webデザイナーの仕事が未経験の人は、デザインの専門学校や民間のスクールなどに通って専門知識を学んだ後、 Webサイト制作会社に入って経験とスキルを積む人が大半です。 様々なジャンルの会社で武者修行して、より良い条件の会社に転職していき、最終的にはフリーランスになる人もいます。

メリット
  • 様々な仕事を経験することができ、スキルや経験を磨くことができる
  • 比較的就職しやすい

  • デメリット
  • 激務の職場が多い
  • 小さい会社だと、福利厚生制度が整っていないことがある
  • 待遇がいい会社は競争が激しいので、安定のためにより多くのスキルを身につけておきましょう

    Webサービス会社や一般企業
     インターネットによる事業を展開しているWebサービス会社や一般企業でも、 Webサイト構築部門がある会社なら、Webデザイナーの採用枠はあります。 これらの会社は自社でサイト構築部門を作れるくらいなので、中規模~大規模な会社であることが多いです。 そのため、給料や福利厚生制度が安定しているのが、メリットと言えるでしょう。 また、自社のサイト制作や管理・運営が主な仕事なので、比較的ゆったりと仕事ができる会社も多いです。
    その反面、自社の仕事しか扱わないので、その会社の中でいくら経験を積んでも他では通用しないこともあります。 Webデザイナーとして技術を磨いていけるような仕事を自ら選ぶことも難しいので、経験やスキルを磨いていくチャンスは、 Webサイト制作会社ほど恵まれないかもしれません。また、待遇が良い会社は応募者も多く、競争が激しいでしょう。

    メリット
  • 給与や福利厚生の面で、安定している
  • 労働環境が良い会社が多い

  • デメリット
  • 仕事の範囲が狭く、経験やスキルはあまり上がらない
  • 採用枠が狭い
  • フリーランスは高いスキルの他に豊富な経験、コミュニケーション能力も必要になります

    フリーランスのWebデザイナー
     Webサイト制作会社などで経験とスキルを積んだ後、フリーランスのWebデザイナーになる、という道もあります。 フリーランスですので、仕事がなければ収入は0になります。 会社に所属していれば失敗してもある程度他の人がカバーしてくれますが、フリーランスの場合は一度の失敗でクライアントを失う場合もあります。
    高いスキルと豊富な経験、そして広い人脈があればクライアントも増え、それだけ収入も上がるでしょう。 そうなれば、自分の納得した仕事ができるようになるでしょう。

    メリット
  • クライアントを安定的に獲得できれば、収入が良い
  • 自分が納得した仕事ができる

  • デメリット
  • 収入が不安定
  • 失敗は許されない

  • コラム一覧へ戻る