Human ヒューマンアカデミー

メニュー

Webデザイナーの資格とは

さまざまなWebデザイナーの資格についてご紹介

 Webデザイナーの資格には様々なものがあります。 大きく分けると、Webデザイナーに必要なHTML、CSS技術や、インターネット技術の知識など、広範囲な知識に関する資格、 プログラミング系の資格、Illustrator、Photoshopなどのツール系の資格、デザインに関する資格に分かれます。
Webデザイナーになるために、資格は必ずしも必要ではありません。 しかし、仕事に必要な分野の知識と技術を身につけることは、絶対に必要です。 資格試験の出題範囲は、その分野に関する幅広い範囲の知識と技術が必要になるように、設定されています。 そのため、資格の勉強をすれば、知識や技術を効率よく身につけることができます。 また、試験に合格することが勉強の目標にもなります。必要な知識と技術を効率よく身につけるために資格試験を利用するのが良いでしょう。


ウェブデザイン技能検定
 ウェブデザイン技能検定は、厚生労働大臣から指定された公式の試験機関である 特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が実施をする国家資格で、 難易度に応じて1級、2級、3級の3段階のクラス分けがあります。 内容は、ウェブデザインの知識やユニバーサルデザインの知識など、 デザインに関する知識もありますが、インターネット技術やセキュリティ、インターネットに関する法規なども範囲に入り、幅広い知識が必要です。 合格すると、「ウェブデザイン技能士」を称することができるようになります。

Webクリエイター能力認定試験
 サーティファイが実施する資格試験です。 内容は、Webデザインにおけるレイアウト手法や、ユーザビリティ・アクセシビリティの知識、 HTML、CSSの技術を使ったWebページのデザインなど、Webデザインの技術に特化した試験です。 知識問題と実技問題があり、実技の方に重きが置かれています。最新技術のHTML5にも対応しています。

JWA Webデザイン検定®
 一般社団法人日本Web協会(JWA)が実施する、コンピュータベーストテスト(CBT)の認定試験です。 試験内容は、Webデザインの概論/デジタル素材の扱いについて/マーケティングの知識/ スクリプトとプログラム/ビジネススキル/インターネットのしくみについて、です。 Webデザイナーに必要な幅広い知識について問う資格試験です。

PHP技術者認定試験
 PHP技術者認定機構が認定する検定試験で、初級と上級があります。 初級は全くの初心者でも始められるレベルですので、基礎から勉強を始めたい場合は良い教材になるでしょう。 PHPの技術を取得すれば活躍できる環境が広がる場合は、チャレンジしてみる価値はあります。

Javaプログラミング能力認定試験
 サーティファイが実施する資格試験です。 1級、2級、3級があり、Javaを学ぶ入門者から上級者までに対応しています。 1級は実技試験で、仕様追加に対応したプログラミングの実技を行います。2級、3級は学科試験です。

HTML5プロフェッショナル認定資格
 特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が実施する資格試験です。 コンピュータベーストテスト(CBT)で、Level.1とLevel.2があります。 HTML5を使ったWebコンテンツを設計・作成するための知識を問う資格試験です。

Photoshopクリエイター能力試験/Illustratorクリエイター能力認定試験
 サーティファイが実施する資格試験で、それぞれにエキスパートとスタンダードがあります。 エキスパートは知識問題と実技試験、スタンダードは実技試験のみが行われます。 実技試験では、それぞれ、Photoshop またはIllustratorを駆使して与えられたテーマで仕様に従ってコンテンツを制作する能力が試されます。

アドビ認定アソシエイト(ACA)
 製造元のアドビが認定する、コンピュータベーストテスト(CBT)の認定試験です。 アドビ社の製品に関する専門知識を認定されます。製品は例えば、次のものが挙げられます。
Adobe Photoshop、Adobe Illustrator

DTPエキスパート
 社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)が実施する資格試験です。 DPT(Desktop Publishing)とは、パソコンを使って印刷物のデザインを行う技術のことで、Webデザイナーにとってとても重要なスキルです。 試験内容は、DTPに関する知識や印刷工程などの知識、色の知識、コンピュータ関連の知識などです。

色彩士検定2・3級
 全国美術デザイン教育振興会が実施する、資格試験です。 色彩に関する知識を問う資格試験で、デザインに関する様々な職業の人が受験しています。 合格者には、「色彩士・カラーマスター」の称号が与えられます。

コラム一覧へ戻る