Human ヒューマンアカデミー

メニュー

Webデザイナーとは

Webデザイナーはディレクターの指示や意図に従いデザインを設計

 Webデザイナーは、Webページの主にビジュアル的な部分をデザインするのが仕事になります。 といっても単にビジュアルがかっこいい、美しいだけではダメで、機能的にデザインすることが重要になります。 機能的にデザインするとは、Webを訪問する利用者にとって分かりやすく、使いやすいことを指します。 つまり、使いやすく、かつ美しいWebページをデザイン・設計することがWebデザイナーの役割になります。
なお、こうした定義は厳格なものではなく、使う場所や文脈によって変わってきます。 Webページの制作には、品質・納期をコミットするWebディレクターやプロデューサー、プログラムやコーディングを担当するプログラマーやコーダー等、様々な作業プロセスと関係者が存在します。 これら全てをまとめてWebデザイナーと呼ぶことさえあります。
ただし、「デザイナー」という呼称上、やはりWebサイトのデザインがメインの仕事になることには異論がないところです。 Webデザイナーはディレクターの指示や意図に従ってデザインの設計を実施することになります。


 「デザイナー」という言葉と「クリエイター」という言葉の意味の違いを説明できますか? 同様に、Webデザイナーという言葉の他にも、「Webクリエイター」という職種があることをご存知の方もいるかもしれませんが、 あまり両者の違いについて意識された方は多くないかもしれません。
Webデザイナーの仕事は、既に説明した通り、Webサイトのコンセプトを表現できるようデザインすることが仕事になります。 Webクリエイターとは、Webサイトやコンテンツの制作にかかわる作業全般を担う職業のことを指します。


Webデザイナーのメインはデザインであり、Webクリエイターのように機能やコンセプトを明確にしていくものとは違います。

 Webサイトというものは、単にクライアントの言う通りに作れば良いというわけではなく、また、クライアント自身に明確なコンセプト自体がない場合もあります。 そういった場合に、クライアントのWebサイト・コンテンツに対する目的を明確にし、それを実現するためにはどのような仕組みを設ける必要があるか、 コンセプトの体現のためにどういった機能が必要になるのかを明らかにしなければなりません。
そういった役割を担うのがWebクリエイターです。そういったWebサイトやコンテンツの制作のために作業全般に対して責任を負います。 一方、WebデザイナーもWebサイト・コンテンツのデザイン設計という上流部分を担っているということもあり、WebデザイナーからWebクリエイターに転身する例も多いようです。


Webデザイナーはフリーランスとしてもバリバリ稼げます。

 会社員として働いている場合は年齢にもよりますが、Webデザイナーの年収はおよそ360万円から400万円と言われています。 決して他と比べて突出して高いなどということはありませんが、クリエイティブ系の仕事ですので労働時間に対する意識は比較的自由です。 労働時間に対してというより成果に対して評価がされるため、実力のある人はフリーとなってバリバリ稼ぐ方も多いようです。


コラム一覧へ戻る