Human ヒューマンアカデミー

メニュー

コーダーになるには

 Web制作において、設計書や仕様書に従って、実際にWebページが動作し、 利用者がWebページを操作・利用することができるようにコーディングすることが仕事のコーダー。 コーダーになるにはどうすれば良いのでしょうか?

コーダーにとってHTML/ XHTMLやCSSは必須の知識です。 これがないとWeb制作はできません。また、ただ知っているだけでなく、 これらの言語をどうスタイリングすれば効率的かを知っていて、バリデーションになるべくかからないようなスタイリングの方法を身に付けていることも重要になってきます。 こうしたWeb標準言語に加え、JavaScriptやPHPなどスクリプト言語も扱うことができることが必須になってきます。 それぞれの分野での幅広い知識と高い能力を求められるのがコーダーなのです。


 コーダーとして働くために、必要な知識は膨大ですが、必要な資格というものはありません。 ただし、就職する上でコーダーとして働くために必要なスキルや適正を証明するのに役立つ知識はあります。


Webクリエーター試験
 役立つ資格の一つに「Webクリエーター試験」というものがあります。 HTMLやCSSの知識についての検定試験で、初級と上級に分けられます。 上級に合格するには、HTMLとCSSを十分に理解し、Webサイトを制作できるレベルであることを証明できますので、就職に有利な資格と言えます。

ウェブデザイン技能検定
 国が主催する「ウェブデザイン技能検定」と呼ばれる検定試験があります。 Webデザインに関する資格であり、合格者は「ウェブデザイン技能士」となります。 1級から3級まで分けられ、学科と実技が問われます。コーダーは、ディレクターの意図通りにサイトを組み立て、 デザイナーの案に沿うようにサイトをデザインできなければなりませんので、Webデザインについて知っていると仕事を進めやすくなります。

Webデザイン検定®
 一般社団法人である日本Web協会(JWA)が主催している「JWA Webデザイン検定®」という資格も仕事に役立つ資格です。 こちらもWebデザインに関する様々な知識が問われる試験で、Web制作に関わる全般的な知識やスキルを身に付けたい方にとって有用な資格であると言えるでしょう。

コーダーに求められるスキルは、スクールなどで予め必要なスキルを万遍なく学習しておく必要があります。

 コーダーに求められるスキルは幅広いですが、こういったスキルを身に付けるためには独学でも可能でしょうか? 独学でも全く不可能とは言えませんが、スクールの方が制作に必要なソフトなど学習環境がしっかりと整備され、 効率的に必要な知識を学ぶことができるでしょう。 スクールにおいても独学においても、就職してしまって実際のWeb制作の現場に携わることが一番の学びの場となるでしょうが、 まずは就職できないといけませんし、そのためにはある程度の前提スキル・知識は必要になってきます。 制作の現場は時期にもよりますが、非常に忙しい時期もあるため、そういった時には先輩や上司から十分なOJTを期待することもできません。 そのためにもスクールなどで予め必要なスキルを万遍なく学習しておく必要があります。


コラム一覧へ戻る