Human ヒューマンアカデミー

メニュー

NLPの基礎知識

日常で使える心理学! 仕事でもプライベートでもすぐに実践可能! NLPの基礎知識

NLPって何?どういう風に役立つの?歴史から資格の種類まで徹底解説します!

NLPとは
NLPとはアメリカで1970年代に開発された心理学の一つ。心理学の中でもビジネスの現場など日常で多く使われている点が特徴です。
NLPが開発された1970年代のアメリカではベトナム戦争が起こり、心理的な疾患を抱えた帰還兵が多く、社会問題となってました。その帰還兵への精神的ケアに大きな効果をもたらしたのがNLPでした。その後、NLPはその効果が評価され、ビジネスの現場など幅広く使われるようになっていきました。
NLPとはNeuro(神経・五感)、Linguistic(言語)Programming(プログラミング)の略。日本では神経言語プログラミングと呼ばれています。 開発したのは当時カリフォルニア大学の助教授だった言語学者ジョン・グリンダー氏と、その大学院生のリチャード・バンドラー氏。
Neuro 神経・五感 Lingistic 言語 Programming プログラミング
NLPは誰でも実践することができる心理学です

NLPは誰でも実践することができる心理学であるのが特徴です。米国ではその効果を得るために人材育成トレーナーやスポーツの指導者、経営者や営業マン、医師など幅広い分野の人が学び、日常で実践されてます。仕事における部下と上司の関係、クライアントとの関係、家庭における家族関係、子育てで自分と同じように悩んでいる人の助けになりたい、就職に有利な資格を取りたい、患者様の心のケアをしたい、プライベートにおける恋愛関係や友達関係など様々なシチエーションで学習した内容をすぐに実践できます。

  • いろいろ場面でNLPは実践可能!
  • スポーツ
  • 看護・医療
  • 就職活動
  • 経営
  • 家族館稀有
  • 育児
  • 恋愛関係

有名な話ではNLPを学んだ米国のメンタルトレーナー アンソニー・ロビンズが当時成績が低迷していたプロテニスプレイヤーアンドレ・アガシ選手をコーチング。その後アガシは世界ランク1位にまで上り詰めたという話しがあります。 また、米国のオバマ大統領、クリントン元大統領もNLPを学び、自身の演説に活かしていたとされてます。
NLPで学べること

NLPで学べること
【リフレーミング】
心の習慣・物事の考え方の枠組みを変えていきます。 例えばこれまでネガティブな感情を抱く物事に対してもその考え方を変えることでポジティブに同じ物事を考えられるようになります。
【ラポール】
ラポールとはフランス語で架け橋の意味で人と人とが心が通じあい、相手を受け入れている状態を言います。NLPではラポールを築くためのテクニックを学ぶことができます。
【アンカー】
私達はアンカー(引き金)によって特定の感情を無意識に引き起こされることがあります。 (例えば、特定の香りをかぐと特定の経験を思い出す等) NLPではアンカーを意図的に形成し、いつでも最高の精神状態を引き起こすことができるようになります。
【キャリブレーション】
キャリブレーションとは相手の無意識的な表情の違い等から相手の状態を見分ける過程のことを言います。NLPを学ぶことで表情や仕草などから相手が今どういう状態にいるかを見分け

NLPを学ぶと例えばこんなことが可能になります!

  • 自身の感情、思考をコントロールできる
  • 他者と良好な信頼関係が築ける 人間の心の仕組みを理解
  • できる 成功者共通の思考の仕組みを知れる
  • 人間の心の仕組みを理解できる
  • 成功者の思考を知ることができる
NLP資格の種類
資格名NLPプラクティショナー
NLPの基本スキルを習得します。協会認定を受けるとNLPのスキルを職場や家庭などさまざまなシーンで活用することができるだけでなく、セミナーや研修を開催することができます(ただしタイトルに「NLP」と銘打つことはできません。)。資格取得には養成講座の受講(100%の出席)が必要。
資格名NLPマスタープラクティショナー
NLPの基本スキルを複数組み合わせて活用する方法やNLPスキルを人に伝えるための応用力を習得します。協会認定を受けると名刺や経歴などに「NLPマスタープラクティショナー」と記載できます。
申請により、創始者リチャード・バンドラー氏の直筆サインが入った、世界で最も権威のある米国NLP協会発行の認定証が授与されます。  資格取得には養成講座の受講(100%の出席)が必要。
資格名NLPトレーナー
「NLPマスタープラクティショナー」よりも上級資格で、取得後はNLPを教えることができます。資格取得にはNLPマスタープラクティショナーを持っていることが条件。取得にはアメリカへ行ってセミナーを受ける必要があります。