Human ヒューマンアカデミー

メニュー

NLPを活かすには

NLPを活かすには

 NLPは心理療法としてカウンセラーやセラピーなどを専門に仕事をしている人や教育、 医療分野などの生徒や患者など、悩みを抱えた人たちに対応をする仕事に役立っています。 コミュニケーションの実践によって成果を出すため、解りやすく、一般の人々の間でも人気があり、 ビジネスの場でこれまで以上の成果を上げたい人や家族や子どもに対して実践することで家族関係や子どもの教育などに活かす人もいます。
これらの活用方法を見て、NLPの可能性について探ってみましょう。


NLPの概念と活用方法

 NLPは、いくつかの心理カウンセリングや心理療法の成功例を研究して新たに見出された心理療法であり、著名な研究者たちの理論の総合的な体系とも言えるものです。 いずれの研究も実績や成果の大きかったもので、非常に実践的でカウンセリングや精神医学の世界だけでなく日常の全てのことに取り入れ、活かすことが可能です。 言語と脳神経の相互に行われる作用を知り、それを実用的にコミュニケーションに取り入れ、自分や周囲の人の考え方を変えることが出来るというNLPの理論は、 私たちの誰もが学び、実行することが出来るものです。 ビジネスの分野では、コミュニケーション能力を高めて、人間関係を良好にして人との繋がりにより高い成果を追求することができます。 また、家庭や教育の場面では子ども達の能力を存分に引き出し、前向きに学業やスポーツなどに打ち込める環境を整えてやることが出来るでしょう。 このように実践と生活レベルの活用こそがNLPの真の力なのです。


NLPによるカウンセリング

 NLPは神経言語プログラミングといい、ゲシュタルト療法を始めとして家族療法、催眠療法などを活かして、 言語や非言語の与える神経へのアプローチを行うカウンセリングとして行うことができます。 これまでに培った経験から私たちは、色々な出来事に対して反応して生きています。 失敗につながった経験のある言葉や出来事などは、無意識に避けるようになり、成功に繋がったことは受け入れようと感じます。 これによって危険回避ができる反面、私たちはいくつものチャンスを失うリスクを持っています。また、失敗の経験に縛られて身動きがとれない人もいます。
 カウンセリングでは、言語と神経の間のこうした過去のプログラミングを再構築していくことで、 前向きな考え方を出来るように患者や生徒などに働きかけを行います。 自分の中の深い部分にある感情を掘り起こし、前向きになれるプログラムに組み替えることで、自身の問題を回復させていきます。


NLPによる家庭円満

 NLPを学ぶ人達には、家庭の主婦などの心理カウンセリングや心理学にはあまり関係のないような人たちも大勢います。 NLPは家庭のコミュニケーションをより良いものとすることができ、自分の子ども達や自分自身の前進にも活かすことが可能だからです。
 コミュニケーションに活かして、お互いに深く理解し合い、信頼関係をより強く深いものとしたり、 明るい考え方ができるように働きかけたりすることができれば、子どもの教育や夫婦間の関係性、家族の信頼をより高めることが出来るのです。 身近な生活でもNLPのノウハウを活かして、改善できることが多くあるようです。


活躍する資格取得者たち

 NLPには技術と知識を積んだことの証明となる資格取得によってプロとしての資質を高めるチャンスもあります。 NLPプラクティショナーやNLPトレーナーの資格は民間資格ながら、本場アメリカの認定資格として仕事に生かすことが可能です。 米国NLP™協会で認められることで、活動の幅を増やしてカウンセラーとして働いたり、NLPを教えたりする機会も得られるかもしれません。 心理カウンセラーを目指す人や心理学を学ぶ人にとっては、スキルアップするために、また実践力のアップのために活かすことも可能です。
 資格取得によって、セミナーを開催したり、自分の今まで学んだことを後進に伝えるトレーナーとして働けたりするので、 現職のカウンセラーでなくとも資格の取得を目指す人は多くいます。 人の話を聞き、相談に乗って人の役に立ちたいという人が、より効果的な技術を学ぶことで、それを仕事として行えるようになるのです。 現代社会においてカウンセリングやセラピーを必要とする悩める人々が多くなっています。 病院や教育現場、会社などでもカウンセラーの必要性は高まっています。 技術を取得してその証明となる資格を持っていることで、こうした仕事への門戸も開くかもしれません。


NLPを活かすチャンスは、自分の周りにもこれから起こる出来事の中にも多くあります。 人とのコミュニケーションをより深く分かり合えるものにして、それによって人の気持ちを前進させることが出来る実践的な技術は、 生活の中でも、仕事でも非常に役にたつものとなります。専門のカウンセラーとしてはもちろん、相談者との会話力を上げることができ、よりカウンセリングの効果を得ることにもつながります。 NLPで得たものをそれぞれの活用方法で利用することは、社会にもきっと良い影響を与えることになるでしょう。