Human ヒューマンアカデミー

メニュー

職場でのメンタルケア

 さまざまな現場において、メンタルケアの必要性が叫ばれるようになっています。 近年では心療内科やカウンセリングセンターなどに自ら相談に出向く方を対象にするだけではなく、 学校や職場に心理カウンセラーを設置し、その現場ごとに起きている問題を解決していこうという動きが活発になっています。
 特に職場におけるメンタルケアでは、個人へのケアのみならず、それを通して職場環境の改善や作業効率のアップを目的とします。 業務に従事する方それぞれに、罹患してしまった精神疾患や神経症などへの対処や現場でその環境に適応することができなくなっている方へのケアはもちろん行われます。 しかし最終目的がそこなのではなく、職場復帰を支援するとともにその職場でさらなる罹患者を出さないように環境そのものを整えるという意味合いが強くなるのです。

 多くの方が必要としている心理カウンセリングの中でも、特に職場において行うべきメンタルケアの方法について挙げていきます。


職場の環境を向上させること

 職場のメンタルケアは、もしその現場で調子を崩してしまった方が出たときにのみ対応すればよいわけではありません。 職場でメンタルの調子を崩してしまったということは、その環境に何らかの問題があることが考えられるためです。 つまり、職場で業務に従事している方の心のケアを行うことは、職場全体の環境を整えることにつながるわけです。
職場でのメンタルケアの最終目的は、その職場から不調者を出してしまう原因を改善することにあります。 環境のねじれで心に傷を負ってしまったり、知らずプレッシャーを受けてしまったりといったことがコンスタントに起こってしまう可能性は十分にあるわけです。
 心に苦しみを抱えている方が増えると、その方自体も辛くなってしまうのはもちろんですが、 企業の経営という視点から見たときに、単純にその方の作業効率が下がってしまうことで現場の生産性自体が低下してしまいます。 さらに、職場自体が従業員にプレッシャーをかけてしまうような環境であれば、全体の空気が停滞してしまうことにもなるのです。
そのため、職場でのメンタルケアという言葉には従業員の方1人1人のケアのほかに、雰囲気や業務体制などの抜本的な見なおしという要素も加わっています。


従業員の変化に気づく

 現場を管理する立場で何ができるかというと、従業員たちが何らかの苦しみを抱えていないかということに常に気を配ることです。 今まで問題なく業務をこなしていた従業員の勤務態度に変化が現れたとき、 単にさぼっているのではなく心に問題を抱えているために今までのようにいかなくなっていることが考えられます。 その変化を早急に察知し、対応していくことが求められるのです。
心の問題で現れる勤務態度の変化には以下のようなものが挙げられます。

遅刻や欠勤が多くなる

もともと時間にルーズなのかメンタル面の影響なのかの判断はしにくいところです。 しかし、今まできちんと時間どおりに出勤していたり、ほとんど欠勤しなかったりといった方が急にこのような状態になるということは、 何らかのプレッシャーやそれに伴う不調が生じていると考えられます。

作業効率の低下やミス、事故などを起こすことが増える

仕事をしていても、今までできていたことがスムーズに行えなくなっていたり、 今までになかったようなミスが多くなったり、また事故やトラブルを起こしやすくなったりしたときも同様です。 心の不調のために業務に集中できない事態が起こっているパターンが多くあります。

職場の同僚とトラブルを起こす

今まで人間関係も円滑に保ってきた方がメンタルの不調によりトラブルを起こすこともよくあります。 業務がうまく進められないことで同僚から責められたり、または心の抑圧から周囲に対して攻撃的になったりなど、 そのパターンは1つではありませんが、こうしたことが頻発した場合も注意が必要です。

あいさつや会話がなくなった、笑顔を見せなくなった

こうした日常のコミュニケ―ションを今まできちんと取れていた方がそれをできなくなるということは、大きな変化であるはずです。 心の問題によって同僚や上司とのコミュニケーションを取ることが億劫になっていることが考えられます。 何となく元気がないといったときにも注意しておくべきです。



具体的な対処方法

 従業員にこうした変化が見られたときに、どのような対処をすればよいかということですが、簡単なようで意識しておかないと難しい面はあるでしょう。 そもそも、他人の変化に気づくためには普段から従業員1人1人のことをよく観察し、気を配ることが大切です。 それを実行した上で以前と様子が変わった方に対して積極的に声をかけたり、悩みを話せる環境や態度を整えたりすることが求められます。
心の問題に苦しんでいる方は、誰かにそれを相談したいと思っているはずです。 その気持ちを汲んで、より話しやすい環境を作ること、そして相談を持ちかけられたときには真摯に受け止め、受け入れる姿勢を持つべきです。 それにより相談者も安心し、双方の信頼関係を築くことにつながります。
ここで、具体的なアドバイスをすると逆効果になってしまうこともあります。 その方法が相談者にとって本意でなければ、さらなるプレッシャーにつながってしまうことが考えられるためです。 まずはじっくりと話を聞き、職場環境として改善できることがあればそれに着手することももちろんですが、 場合に応じて心理カウンセリングなどの受診を勧めるなどの柔軟な対応も行うべきでしょう。


 職場で起きるメンタルの問題とは、業務や体制などに無理があるパターンや人間関係のこじれなど、複雑な要素が絡み合っています。 「社会人なのだからしっかりしろ」という言葉もよく聞かれますが、それはメンタルケアとしては何の解決にもならないことを覚えておかなければなりません。 また、そのように厳しく接する前に、なぜそのような事態になってしまったのかを考えることが、解決への糸口になることもあります。