Human ヒューマンアカデミー

メニュー

ドクターズ医療クラーク養成コース(医師事務作業補助者養成)

ユニットコース

医師専属のサポートスタッフとして正社員採用のチャンス!
ドクターズ医療クラーク養成コース(医師事務作業補助者養成)

  • 未経験
  • 受講期間3ヶ月~
  • 検定対策
  • 資格取得
  • クラス担任制
  • 就転職

未経験からでも42時間の受講で医師事務作業補助者のプロになることができる最短コースです。

こんな方におすすめ!

  • 医師の事務作業(診断書などの書類作成代行、電子カルテ入力代行、文書管理、会議・学会資料作成のサポートなど)をサポートできる能力をマスターしたい!
  • 「コ・メディカルスタッフ」として医療現場に携わりたい!

医師事務作業補助者について

医師事務作業補助者とは?
患者のたらい回しや勤務医の労働環境の劣悪さは、よくニュースに取り上げられていますが、医療業界の課題として、医師不足・医療の質の低下があげられます。原因のひとつとされているのが、診断書や紹介状、処方せん作成、電子カルテ入力や入院手続き説明他、1日2~3時間を占める医療行為外の事務作業です。そこで、医師の本来の業務である医療行為に専念できるよう、医療行為以外の事務作業をサポートする役割が求められ、その役割を担うのが、医師事務作業補助者です。
勤務医の負担軽減および医療現場の質向上につながるとし、厚生労働省も緊急課題として平成20年度診療報酬改訂の基本方針により「勤務医の事務作業を補助する職員の配置」を示し、「診療報酬点数加算」にも「医師事務作業補助体制加算」が新設されました。つまり「医師事務作業補助者」を設置する病院は、医師が医療行為に専念できるため、1日により多くの患者を診察でき、さらに設置するだけで報酬が得られるということになりました。300床以上の大型病院は、実際に導入を積極的に検討しています。
医師事務作業補助者の仕事の範囲は?
医師には本来の業務である医療行為に専念していただき、以下の業務を医師事務作業補助者が担当することとなります。
<基本業務>
診断書・主治医意見書などの文書作成、診療録(カルテ)・処方箋の記載代行、電子カルテ・オーダリングシステムの代行入力
<診療事務業務>
診療に用いる物品準備、定型的な医療文書内容の患者への説明(入退院など)
<文書管理業務>
診療記録をもとに退院要約の下書き、医療文書をもとにした定型的な集計作業
<秘書業務>
会議・学術発表などに使用する資料作成、感染症のサーベイランスサポート(カルテや検査結果の取り寄せ・申請書の下書き、保健所との連絡など)

講座の特長

【Point1】未経験者から最短ルートで医療現場へ!
医師不足が問われる中、医師の本来の業務である医療行為に専念できるよう、医療行為以外の事務作業をサポートする役割が求められ、その役割を担うために確立されたのが医師事務作業補助者です。

勤務医の負担軽減および医療現場の質向上につながるとし、厚生労働省も緊急課題として平成20年度診療報酬改訂の基本方針により「勤務医の事務作業を補助する職員の配置」を示し、「診療報酬点数加算」にも「医師事務作業補助体制加算」が新設されました。そこで、300床以上の大型病院は、導入を積極的に検討しています。 また、医師事務作業補助者の仕事は、厚生労働省の定めにより医療事務とは明確に分けられています。

ヒューマンアカデミーでは、未経験からでも42時間の受講で医師事務作業補助者のプロになることができる最短コースをご用意しました。
【Point2】 現場で求められるスキルが身につく!
ドクターズ医療クラーク(医師事務作業補助者)養成コースのカリキュラム・教材は、文部科学省「専修学校教育重点支援プラン」実施委員会のメンバーであるNIメディカルオフィスの伊藤典子先生監修のものです。

監修カリキュラムはすでに病院内での「医師事務作業補助者」育成研修に導入実績があり、受講者はしっかりとその職についています。効果は実証済みです。
【Point3】学ぶからには絶対合格!
就職に有利なスキルの証明を取得。(合格保証制度)
講座修了後には、全国医療福祉教育協会主催【医師事務作業補助者実務能力認定試験】の資格取得にチャレンジすることができます。ヒューマンアカデミーでは、この資格の完全合格保証を制度化。合格までサポートします。

※合格保証制度とは・・・合格まで再受講が可能な制度です。ただし、出席率や受講姿勢など、一定の条件を満たしている必要があります。
【Point4】充実の就職・転職サポート
各校舎のジョブカウンセラーが履歴書の書き方から面接のポイントまで一人ひとりに的確なアドバイスを行っています。
また、グループ会社であるヒューマンリソシアの医療専任キャリアコンサルタントやスタッフサポートによる就職サポートが受けられます。

受講料

受講料 115,000円(税込 124,200円)

一括払いのほか分割払いもご利用いただけます
月々3,100円から学べる!

※テキスト代が別途必要になります。
※入学金¥32,400が別途必要です。
※教材費は受講校舎によって異なる場合があります。
※分割払いの支払額は支払回数や利率により異なることがございます。

受講期間

3ヶ月~ (180分×14回 / 42時間)

受講期間の目安週1日~2日

カリキュラム

講座 内容
基礎 医療関連法規、医療機関の組織等
・医療法
・医師法
・保健師助産師看護師法 等
医療保険制度
・医療保険の概要
・医療保険の給付
・長寿医療制度
・公費負担医療制度
・介護保険制度
個人情報保護法
・個人情報保護法の基本的な概念
・医療機関における個人情報のガイドライン
接遇とマナー(人間関係とコミュニケーション)
上級 医師事務作業補助者の必要性、体制加算
・医師事務作業補助体制のねらい
・医師事務作業補助者の役割分担
・医師事務作業補助研修
医学知識・薬学・検査、医療用語
医学知識、薬理学の基礎
診療記録・安全管理
・診療録の定義
・入院診療記録(医学記録・看護記録)
 ・外来診療録・退院サマリー(例)
 ・説明と同意(例) 
・診療録の価値・問題点・変化
 ・問題志向型診療録
 ・IC(インフォームド・コンセントと記録)
文書作成の必要性
各種文書、伝票、同意書、証明書Ⅰ
電子カルテ
代行入力

無料体験セミナー