Human ヒューマンアカデミー

メニュー

医療事務の転職事情

医療事務の転職事情

 医療事務は求人に対して応募者が多いため、病院での医療事務経験がある人が即戦力として優遇されます。 民間の医療事務講座や資格はいくつかありますが、資格を持っていて未経験の人よりは、資格を持っていなくても実務経験がある人の方が有利です。 同じ未経験なら、覚えることが多いので、覚えの早そうな若い人の方が優遇されます。 そのかわり、経験者であれば、ある程度年齢が高くても採用されやすく、長く働ける職業です。
最近は経費削減のため、派遣やパートの採用を増やしている病院も多い傾向にあります。 女性が多い職場なので、結婚や出産などで欠員が出ることもあり、正社員採用の場合は欠員補充の募集がほとんどです。 とはいっても病院は全国にありますから、求人情報をかかさずチェックすれば、求人はあるでしょう。

医療事務スタッフの転職事情

 医療事務の転職では経験者が優遇されますが、では未経験の場合はどうすればよいのでしょうか? まずは、採用に有利になる資格を取ることです。 医療事務の資格だけでなく、最近は病院のカルテや会計業務などはコンピューター化されていますから、 パソコン関連の資格を取得するのも良いでしょう。もちろん、資格を持つことが必須ではありませんが、何もないよりは有利に働くはずです。

資格以外にも、役に立つスキルはあります。 個人病院に転職する場合は、診療費の計算や請求だけでなく窓口業務も仕事のうちに入ることが多く、 患者さんの応対をしますので、接客業をしたことがある人は、その経験が役に立つでしょう。 ご高齢の患者さんが多いので、介護関係の仕事の経験がある場合は、特に優遇される場合があります。 医療関連の仕事をしていた場合は、特に優遇されます。 また、忙しい病院では多くの患者さんの会計処理を素早く正確にこなさなければならないので、会社の経理など事務の仕事の経験も役に立ちます。

 未経験から医療事務の仕事で正社員になりたい場合は、最初は正社員にはこだわらず、若いうちから派遣やパートなどで経験を積むことをおすすめします。 そもそも正社員の募集が少ないので未経験で採用されることはまれですし、医療事務は覚えることがたくさんあり、毎年のように医療制度が変わるので、頭がやわらかい若いうちから仕事に慣れた方がいいからです。 もちろん、ある程度年を取ってから資格を取得して医療事務の仕事をしている人もいますから、人それぞれです。
正社員でなくても医療事務経験があれば、次に転職する場合に必ず有利になります。 仕事の内容も大体わかってきますし、病院に勤務していれば他の病院についての情報も得やすいかもしれません。 派遣会社に登録すれば、希望条件に合った職場を斡旋してもらえますから、派遣登録するのも手です。 経験を積んでステップアップしていきながら正社員を目指すのが、遠回りに見えても実は近道なのかもしれません。


資格は一生の宝

 医療事務は、経験を積めば一度辞めてしまっても、再就職しやすい職業です。 女性の場合、結婚・出産で一度仕事を辞めても、再就職している人が大勢います。 また、夫の転勤などで仕事を辞めざるを得ない場合でも、病院はどこに行ってもありますから、再就職先に困ることはあまりないでしょう。 他の業種に比べて、再就職がしやすく、長く働ける職業と言えます。


コラム一覧へ戻る