Human ヒューマンアカデミー

メニュー

医療事務スタッフになるには

医療事務スタッフになるには

医療事務の人気のヒミツ

 医療事務は主に、患者さんが支払う医療費の計算を行うのが仕事です。 患者さんが医療保険制度に規定される保険診療を受ける場合、自己負担分と、加入している保険組合から病院へ支払われるお金に分けて料金が発生します。 この部分の計算をし、患者さんの診療報酬請求明細書(レセプト、と呼ばれています)を作成するのが医療事務の役割となります。

 これは病院で診察を受けた時だけに発生するわけではありません。 薬を出されたとき、入院が終わって退院するとき等、支払いに関するすべての面で必要になってきます。
また長期入院などで医療費の支払いが難しくなった患者さんの医療費についての相談に乗る等、ケースワーカー的な一面も求められます。
当然最新の医療技術や各種保険の形態、保険点数をはじめ、医療や薬学に関する幅広い知識が必要です。

働く場所も病院以外に、歯科医院、薬局と多岐にわたります。 一般の事務職に比べて労働条件や待遇がいいとは決して言えませんが 自分のライフスタイルに合わせて働くことができる専門職であることから根強く女性に人気のある職業です。


医療事務は国家資格?

 意外に思われる方も多いと思いますが、医療事務になるために、国が定めた国家資格はありません。
民間で行われる医療事務の資格としては「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」や、 「診療報酬請求事務能力認定試験」等の資格がありますが、どれも民間で定められた資格で、厚生労働省が認めているものです。

 資格があればもちろん就職する際には有利になる場合が多いのですが、資格イコール就職とは結びつかないのが現状です。 例えば採用側が「無資格でもこちらで教えたことが出来るようになってくれれば」と考えている場合などがそうです。 しかし、そんな場合でもベースに知識があるのとないのでは 仕事の飲み込むスピードにもかなり差がでるので無資格で就職したあと改めて資格取得のために勉強に通われる方も増えてきています。

 その医療事務資格ですが、取得するには専門学校か、通信教育で勉強して試験に挑むのが一般的です。 専門学校は1年コース、2年コースと分けられ、年間を通して医療事務の資格取得と実務について勉強します。 費用は入学金と年間の授業料を合わせて数百万円ほど必要になることが多いです。 取得する資格としては「診療報酬請求事務能力認定試験」等の取得が難しいとされる資格が主です。 通信教育の場合、期間は1ヵ月~3ヵ月が目安です。「医療事務技能審査試験」であれば費用は5万円くらいからになっています。


医療事務は狭き門?

医療事務は、先述したように志望者数が多く、実際に働くには狭き門を突破する必要があります。 部署によっては採用枠1名のところに100名、200名の応募が殺到するケースも珍しくありません。
これは医療事務の人気が高いだけでなく、資格の種類自体が多岐にわたり、毎年何万人も合格者が出る状況にも問題があるかもしれません。

 では現実的に医療事務として正式に病院から採用されたい場合、どのようなキャリアを積めばよいのでしょうか。

医療事務の雇用形態もアルバイト、派遣、本採用と分かれています。 採用の条件が良いものになればなるほど、経験者募集の傾向にあります。 また多くの病院では、医療事務は派遣社員を採用しているケースが多いです。
最初は時給制のアルバイトから始め、実務経験を通して医療事務の仕事に精通し、経験を蓄えてキャリアアップを目指していく方法が現実的かもしれません。

決して好条件や好待遇を求めるのでなく、医療事務を通して患者さんをサポートしたいと思う奉仕の精神が必要です。 患者さんにとってはお医者さんも看護師さんも、医療事務の方々も含めて皆「病院のスタッフ」なのですから。