Human ヒューマンアカデミー

メニュー

日本語教師養成講座 コース詳細

今必要とされているやさしい日本語を教える技術
やさしい日本語指導者養成講座

  • 中級者以上向け
  • 就転職

こんな方におすすめ!

  • 滞在外国人とやさしい日本語で会話したい方
  • やさしい日本語を企業やカルチャースクールなどで教えたい方
  • やさしい日本語で海外旅行者をおもてなししたい方
※受講条件:日本語教師養成総合講座「文法」修了

講座の特徴

【Point1】 増え続ける外国人旅行者を背景に生まれたやさしい日本語の活用
2016年1月~6月までの6ヶ月間で日本を訪れた外国人旅行者は、前年同期比28.2%増加しています。一方で英語で上手にコミュニケーションがとれる日本人は多くはありません。
そこで外国人にもわかりやすく、また日本人にも使いやすい「やさしい日本語」が生まれました。
多くの日本人が外国人観光客と円滑にコミュニケーションをはかり、日本ならではのおもてなしに参画できる社会づくりに貢献することを目指しています。
【Point2】 本講座で学べること

①日本に住む外国人や外国人観光客とやさしい日本語で直接コミュニケーションをとることができます。

②日本に住む外国人や外国人観光者とやさしい日本語でコミュニケーションをとることができる一般市民(やさしい日本語リーダー)を育成することができます。

本講座で学べること
  • ・国内在住外国人・外国人観光客にとって関わりの深い情報・話題を豊富に取り上げ、そこで使えるやさしい日本語を考察します。またやさしい日本語の使用だけでなく、外国人とコミュニケーションをする上での日本人の態度・意識の問題も取り上げます。
  • ・出来合いの会話を覚えてコミュニケーションするのではなく、自ら主体的に会話を創出できる能力を重視します。講座内では個人グループで会話例を作成します。
  • ・講座内では受講生同士(peer活動)のディスカッションや情報交換の機会を多くし、受講生の主体生を重視します。知ることではなく、できること(Can-do)を重視し、講座内でやさしい日本語を使ったコミュニケーションを実際に行います。
  • ・講座修了生は、今後需要が増大する行政からの情報提供や観光場面に特化したやさしい日本語を駆使できるようになります。またその指導者としても活躍できます。
  • ・日本語教師経験者・講座修了者はティーチャートーク(教えるための会話)の知識をさらに発展させることができます。
【Point3】 地方創生をミッションに。「日本語ツーリズム」
「やさしい日本語」は、日本語を学ぶ外国人に対して、語彙を制限して分かりやすく表現する技術で、外国人に日本語を教える「日本語教師」の基本スキルの一つです。
政府が推進する「まち・ひと・しごと創生総合戦略」において、福岡県柳川市が推進する「日本語ツーリズム」が交付金対象事業になりました。 同市は特に熱心な日本語学習者の多い台湾に注目し、日本語を話す台湾人観光客に日本語でたくさん話してもらう「日本語ツーリズム」を推進していく方針を掲げています。

これまでは「日本人が英語で話す」というのが通例でした。ヒューマンアカデミーでは、本講座を通じ、地方の観光従事者や市民が「やさしい日本語」でおもてなしに参加できる機会の創造を目指します。また、 観光分野における新たな雇用促進、生きがいの創出をはじめ、多方面でその重要性が高まっているボランティア対応についても、「やさしい日本語」という選択肢を入れることで、 多数の日本人がおもてなしに参画できる社会づくりに貢献できればと考えています。

受講料

新年度生募集中♪授業見学受付中。
学生かママなら受講料5%割引。

新規生受講料 108,000円(税込)
校内生受講料 97,200円(税込)

※テキスト代が別途必要になります。
※入学金 ¥32,400が別途必要です。(校内生は入学金は不要です。)
※教材費は受講校舎によって異なる場合があります。€
※分割払いの支払額は支払回数や利率により異なることがございます。

受講期間

3ヶ月  (150分×10回)

カリキュラム

教程 項目 詳細 詳細
1 基礎編① やさしい日本語の基礎知識
外国人とのコミュニケーションの失敗事例
・やさしい日本語の歴史・考え方
・日本語で外国人とコミュニケーションする時の態度・意識の問題
・外国人とのコミュニケーションの失敗事例の考察
(子ども扱い型・外見予断型・直情直解型など)
2 基礎編② 語彙・文法・表現のレベルチェックの方法
分からない時のストラテジー/話し言葉と書き言葉
やさしい日本語の作り方
・語彙・文法・表現のレベルチェックの方法(N4・N5)/・日本語読解学習支援システム
・日本語初級3級・4級語彙表/・外国人にとって日本語の何が難しいのか
・分からない時のストラテジー(聞き返し・確認方法・非言語コミュニケーション・イラスト・図)
・話し言葉と書き言葉/・やさしい日本語の作り方/・実際にやさしい日本語を作成してみる
3 応用編① 災害時の情報提供① ・災害時のやさしい日本語の典型例と通常の日本語の比較検討
例文をやさしい日本語へ翻訳
・語彙・文・文章ごとに検討、フィードバック
4 応用編② 災害時の情報提供② ・災害時情報をやさしい日本語へ翻訳実践
5 応用編③ 行政機関からの情報提供① ・行政機関で使用するやさしい日本語の典型例と
通常の日本語の比較検討
日本人でも難しい行政機関の文章を、なぜ難しいかを検討
行政機関の文章をやさしい日本語へ翻訳
・語彙・文・文章ごとに検討、フィードバック
6 応用編④ 行政機関からの情報提供② ・災害時情報をやさしい日本語へ翻訳実践
7 応用編⑤ ツーリズムへの活用① ・ツーリズム場面でのやさしい日本語作成
・第9教程・第10教程での課題検討
ex.交通機関/ホテル旅館/レストラン/買い物/自己紹介/自国紹介
8 応用編⑥ ツーリズムへの活用② ・第7教程で作成したやさしい日本語について会話場面・話題ごとにロープレ
・録音・録画をして、グループまたは全体でフィードバック
9 応用編⑦ 自由テーマ① ・個別課題について全体で検討
ex.教科書・法的文書・ニュース・レストランメニュー・学校からのお知らせ・病院の言葉 物語・小噺・落語など(分かりやすい記号・イラストなどを用いる)
10 応用編⑧ 自由テーマ② ・個別課題について全体で検討
・やさしい日本語指導者の心得
日本語教育や日本語文法の知識の全くない一般の人にどのように伝えるか
やさしい日本語の短期研修・長期研修をどのようにコーディネートするか

授業開始日(開講スケジュール)

夏期生募集中!
期間限定!5千円ギフトカードプレゼント


コース紹介へ戻る

無料体験セミナー