Human ヒューマンアカデミー

メニュー

日本語教師の資格を取得するのに必要な費用

日本語教師の資格を取得するのに必要な費用

 普段の生活では出会えない文化圏の人たちと触れ合える「日本語教師」という職業。 実際に働いている人の多くは、日本語教師という職業に大いなる魅力とやりがいを感じているようです。 社会的な認知度がとても高い職業とは言えませんが、多くの人が日本語教師を志望し、勉強して資格を取っています。
 日本語教師は免許制度ではありません。 例えば「自分で生徒を集めて教室を開きたい」と思えば、自由にそうすることが可能です。 しかし、どこかに所属して働きたい、雇われたいと思うなら、何かしらの資格が必要になります。

具体的には

  • 大学で日本語教育の主・副専攻課程を修了
  • 420時間以上の日本語教師養成講座を修了(通信または通学)
  • 日本語教育能力検定試験に合格

いずれかが必要です。
では、資格を取るにはどのくらいの費用がかかるのか。 さまざまな方法別に、その費用を挙げてみましょう。


独学する

 通信教育もスクール教育も受けないという人は、日本語教育能力検定試験の合格を目指します。 テキストとなる書籍を購入する、ネットなどで情報を調べて資料を入手する、といったことにお金が必要です。 検定試験の受験料は 11,000円ですから、新品でテキストを5~6冊購入して2、3万円とすると、 全部で5万円以内に抑えることもできそうです。 専門書籍を中古で揃えれば、テキスト代は大幅に削減できるでしょう。 知り合いに日本語教師の方がいるなら、テキストを譲ってもらったり、図書館で借りて勉強したりという手もあります。


ただし、日本語教育能力検定試験はかなりの難関。合格率は2割前後ですから、独学するには相当の覚悟と気合が必要です。


通信制の養成講座を受講する

 「420時間以上の専門教育」を受けられる通信教育。 費用はおよそ14~20万円程度です。 スクールに通うよりも安く受講でき、時間や曜日などの指定がないので、自分のペースで勉強を進めていくことができます。 通学時間などのロスがないのも嬉しいポイントですね。 独学に比べ、自身でテキストを用意する必要もないので、安心感も得られるでしょう。 しかし、自学自習なので、どうやってモチベーションを維持するか、わからないことがあるときはどうするか、 また、実技・実習がないことが多いため、実際にどのように教えるかがトレーニングできない、ということも考えておかなければなりません。


通学制の養成講座を受講する

 通学制で420時間以上の日本語教員養成講座を受講するコースだと、平均して50~60万円程度になります。 日本語教育能力検定試験対策コースが設けられていることもあり、それを受講するには約11~30万円必要です。 このふたつを合わせたプランを実施するスクールもあります。


スクールごとにタイムスケジュールがありますから、好きな時間やペースで勉強できないという欠点もあります。 また、独学や通信教育に比べて費用が高くついてしまいます。

とはいえ、専門的な教育を講師から対面で受けられる、実践的な内容が多い、 情報も得られやすいという利点から、スクールに通って日本語教師になる人は大勢います。 計画的、効率的な学習ができて勉強に集中できるだけでなく、サポートしてくれる講師や仲間がいるのは心強く、勉強するモチベーションを高めてくれるでしょう。 また、多くの講座では、実技・実習科目を設けており、実際に教壇に立ってどのように授業をしたらいいかを学ぶことができます。
これも大きなメリットです。


大学で日本語教育を専攻する

 大学に入り、日本語教育の専門的な知識を身に付けたいという場合は、およそ56~90万円×年数が必要です。 国公立大学で年間56万~、私立大学で90万円程度が1年間の学費となります。


しかしすでに社会人の場合、今から大学に入学するのは時間的にも金銭的にも、そして学習面でも厳しくなります。 専門性を高めたい、海外の教育機関でプロとして働きたいなどはっきりとした意志や高い目標を持った方にお勧めします。


ちなみに、日本語教育機関では、日本語教育専攻でなくても、4大卒を条件にするところが多くあります。 特に海外で活躍したい人の場合には、ビザ取得条件に「大卒」が含まれるケースが多く見受けられます。 日本語教師として働こうとした際、大卒は強みになると言えるでしょう。


 日本語教師になる道は、ひとつではありません。そして日本語教師の資格を得るための費用も様々です。 あなたのライフスタイルに合った方法は何か、無理なく続けられそうな勉強方法はどれかをじっくり検討してみましょう。 予算と照らし合わせながら、日本語教師の資格取得に向けて歩みを進めてくださいね。