Human ヒューマンアカデミー

メニュー

日本語教師とは

日本語教師とは

 日本語教師の仕事は、日本語以外を母語とする人に日本語を教えることです。 普通の日本人の人たちには、あまり縁のない世界かもしれませんね。 「日本語を喋れるなら、教えるなんて簡単」と思っている方もいるかもしれませんが、日本語教師の仕事はそんなに単純ではありません。 日本語を話すということと、教えるということは全く別ものなのです。

いつも何気なく使っている日本語を理論立てて説明するには、専門的な勉強で知識を得る必要があります。


  • 「あれは富士山です」「あれが富士山です」
  • 「彼女に教えてもらった」「彼女が教えてくれた」
  • 「やっとできた」「とうとうできた」

これらの違いをはっきりとわかりやすく外国の人に説明することができるでしょうか。 この例を見るだけでも、日本語を教える難しさは伝わるのではないでしょうか。 日本語を教えるということは、一つは、こういった言葉についてのいろいろな説明ができるということなのです。

また、日本語教師は、日本語の話す・聞く・読む・書くについて体系的に教えることができなくてはいけません。 それだけでなく、日本の文化や生活習慣、マナーや歴史を教える立場でもあります。

日本語を学ぶ学習者は、少なからず日本について興味があり、それなりに勉強したり、知識を蓄えたりしています。 日本人よりも日本の文化に詳しい人もたくさんいます。 そんな学習者に日本語と日本についてさまざまなことを教え、紹介するのが日本語教師の役目なのです。

そして、日本語教師の仕事は、ただ「教える」だけではありません。 学習者が分かりやすく、効率的に学べるような指導の進め方、テキスト、カリキュラム、などを事前に考えなくてはなりません。 そして十分な準備をして、指導に臨みます。テストなどをするならその準備や採点、学習者の進路相談や、生活相談などを受けることもあります。


ひと口に「日本語教師」といっても

 誰に教えるかで指導内容も大きく変わります。学習者が学生なのかビジネスマンなのか、小さいこどもなのか、日本人の配偶者か。 大学生・大学院生なら論文の指導なども行うこともありますし、医療や介護の日本語などが求められる場合もあります。 必要とされる日本語は専門化・細分化しつつあります。


授業で使う言語

 日本語教師は、学習者の母語で授業をしなければいけない。 そう思っている人は多くいるようですが、日本語教師だからと言ってたくさんの言語を操る必要はありません。 いろいろな母語の学習者の言葉に合わせて授業しようと思ったら、何ヶ国語もマスターしなければならず、とても大変なことになります。


 日本語の授業方法は大きく分けてふたつで、「直接法」と「間接法」があります。 直接法は日本語で日本語の授業をすることで、間接法は、学ぶ人の母語または教室にいる多くの人が理解できる言語を使って日本語の授業をすることです。 日本にある日本語教育機関では、直接法を使うことが多いようです。 しかし、現在では間接法も増える傾向にあり、どちらが良いということは一概にはいえません。



日本語教師の魅力

 日本語教師の仕事は決して簡単な仕事ではなく、待遇面でも特別恵まれているとは言いづらい状況にあります。 それでも、歴史も文化も異なる世界中の人と接していけるため、そこに魅力を感じて続けている人が多い仕事です。 また、何も話せなかった学習者が日本語を話せるようになる過程を見ることは、日本語教師にとってこの上ない喜びです。 大変さはありますが、とてもやりがいのある仕事と言えるでしょう。


コラム一覧へ戻る