日本語教師になるには

 日本語教師になるには、道はひとつではありません。 実は、学校教員と違って日本語教師には「免許」というものはありません。
しかし、採用する側が「資格」とみなしている基準があり、それが主に以下の3つになります。

  • 大学で日本語教育を主・副専攻として学ぶ
  • 日本語教師養成講座で420時間以上の教育を受ける
  • 日本語教育能力検定試験に合格する
  • 日本語学校などの日本語教育機関では、採用時に、これらのどれか1つは必須条件であるケースがほとんどです。 ここでは、3つの条件それぞれをクリアするための具体的な方法をご紹介しましょう。

    大学で日本語教育を主・副専攻として学ぶ

     大学で日本語教育を主・副専攻として学びます。 (海外で就労ビザを取る際には、日本語教育専攻でなくても、「大卒」が必須条件となるケースもあります。)
    日本語教師のニーズが細分化・専門化している現在では、日本語教師になった後、キャリアアップのために大学に通い直す人もいます。 ちなみに、日本語教育の大学院に通う人も多くいますが、大学院では、「主・副専攻」という認定はありません。 しかし、仕事として大学や大学院で教えるという選択肢が加わります。

    日本語教師養成講座で
    420時間以上の教育を受ける

    専門のスクールで日本語教師の養成講座を420時間にわたって受講します。

    講座の内容は

    理論:
    日本語や言語学に関する内容、教授法に関する内容、日本語の歴史などを学ぶ
    実技と実習:
    実際にどうやって教えるかを学ぶ、教壇に立って教えるなど。

    日本語教育能力検定試験に合格する

     日本語教育能力検定試験を受験、合格します。出題内容は幅広く、試験の合格率は20%前後と難易度は高めの試験です。 開催は年に1回で、国家資格ではありません。 しかし、日本語教師に必要な知識を持っている証明となりますから、先の1または2と併せてこの合格証をもっておくと、就職で有利に働くことがあります。

    日本語教師を目指すなら、上の資格を最低でも1つ、できれば2つ以上持っておきたいものです。


    日本語教師講座メニュー