Human ヒューマンアカデミー

メニュー

第20回 救護法 ケアイニシエーター2

こんにちは。ヒューマンアカデミーの熊谷です( ´ー`)ノ ♪

『小児救急救護法』ブロックも第二回目になります!

本日は、山田トレーナーではなく、篠崎トレーナーという楽しみながら授業を進めて下さる講師でした!

授業では、
*胸部圧迫
*レスキュー呼吸
*初期の評価
*回復体位
などを学びました。
授業は、主に実習でした!授業の中で、大活躍したお人形さんたちです!
一人一人にきちんと名前が付いているので、「○○くん!」と声をかけながら、実習スタートです!「乳児・小児・成人」と3パターンになります!

授業の様子01授業の様子02

まずは、ペアになり、1人の人がテキストを読み、もう一人の方が、実践しますo( ´▽`)o!ちなみにこちらは、成人のパターンです!

授業の様子03授業の様子04

実は、胸部圧迫は想像以上に、体力を使います(o´・◇・`o)!実際に実践してみるとその大変さを感じます!
では、圧迫は、1分間に少なくとも何回の速度で続けると思いますか(o´・.・`o)?詳しくは授業で学んでみてくださいね!

授業の様子05授業の様子06

こちらは、乳児のパターンです!
意識不明・呼吸なしのCPRは、評価→胸部圧迫→レスキュー呼吸になります。
では、胸部圧迫何回→レスキュー呼吸何回のサイクルになると思いますか?こちらも授業の中で学んでみてくださいね!

授業の様子07授業の様子06

篠崎トレーナーからもポイントなどアドバイスを色々と頂きました(o´・∀・`o) (o´・・`o) ?
青いお洋服の方が、篠崎トレーナーです!皆さん頑張ってます!!

授業の様子07授業の様子08

ペアになっているので、お互いしっかりチェックしています(o´・∀・`o)!お人形であっても腹部に、きちんと空気が入っているかもしっかりチェックできます!3セット繰り返し交代です!
クラスの皆さんもおっしゃっていましたが、昔と比べて、色々と変わっていることにとってもビックリしました!

この他にもペアの相手を患者さんと見立てて、意識なし・呼吸ありの際の回復体位の内容なども学びました!
実際にやってみるからこそ、分かることやこんな時はどうしたらいいんだろうと思うこともありました!やっているのとやっていないのとでは、大分違うなと思いました!

山田トレーナーがおっしゃっていた、患部を見るのではなく、患者をみること!
その言葉を聞いて、以前にチャイルドマインダーの授業の中で、「みる」ということの大切さを改めて感じました!
実習の様子は、私も受講している日曜クラスの写真になります♪こちらは、月曜日クラスの皆さんの集合写真だそうです(o´▽`o) (´▽`o)☆★ 

月曜クラスの集合写真

皆さんで声をかけあってしっかり楽しくお勉強!それが通学の良い所ですね♪

※トレーニング中は、生徒の手の使い方や動きを、トレーナー自身がしっかり把握させていただくために、ビニル手袋等は未着用で実施致しております。 また授業の中では、ビニル手袋装着等の内容(なぜ装着するのか?いつのタイミングで装着するのか?等)も実施しております。

担当 熊谷
写真は大宮校 スタッフが授業毎に撮影しております(^O^)