Human ヒューマンアカデミー

メニュー

活躍する修了生インタビュー

独立開業

スポーツフォーオール代表大村 竜助さん

1976年生まれ。大学卒業後、海外等でテニスを指導、帰国後、チャイルドマインダー養成講座を受講。現在、テニス指導を続けるとともに、独自に開発した「てのひらけっと」を使った指導の普及に務める。
スポーツフォーオール

職業
テニススクール経営
受講講座
BTEC認定 チャイルドマインダー養成講座

こどもが自ら考え判断する力を育み世界的なテニスプレーヤーの育成を目指す

浜松市でこどもにテニスの楽しさを教える大村さん。
テニスで世界に羽ばたくこどもを育てることが夢。

テニスを教えるのにチャイルドマインダーは関係が?
僕は、コーチ対生徒皆という指導はしていなくて、できる限りこども同士でペアを組ませて練習やゲームをします。そうすることで、考える力が育つと思うのです。相手ができることが自分はできない、何でだろう?次はできるようになりたいと考えるクセがつくんですよね。こういったこどもへの接し方は、個を大切にするチャイルドマインダーの精神から学べた部分があると思います。広い視野でこどもに接することができるようになりました。
チャイルドマインダー精神を取り入れて何か生まれたものはあるとか・・・。
はい、「てのひらけっと」という道具をこども達と一緒に開発しました。これは、グローブみたいに手にはめて使うのですが、小さな頃から安全にテニスを楽しんでもらいたいと考え開発したものです。チャイルドマインダー講座でこどもの発育を学び、注視できるようになったからつくれたのかもしれませんね。
ヒューマンアカデミーでためになった講義はありますか?
ミルクをのませてゲップさせるとか、自分が子育てをする時には知らないだろうことを実際に経験ができたのは良かったです。その他に、発達や生育状況に合わせた接し方という部分は、テニスを教える部分でも活きていると思います。
資格取得は現在のお仕事で役に立っていますか?
大切なお子様をお預かりする仕事だからこそ、子育てに関する資格を持っていることは親御さんにも信頼していただくことができ、安心して預けていただけるのではと思っています。

大村さんの話をまとめると・・・

実践ですぐに使える内容を教えてもらえる。
資格を持つことで親御さんの信頼を獲得。
広い視野で子どもに接することができるようになった。